マネー相談・取材・番組出演に関する お問い合わせ先
TEL. 03-5860-4164
お問い合わせフォーム(24時間対応)
お急ぎの場合: 070-5027-2384
ご相談予約フォーム(24時間対応)

”お金”や”これから”の事、ひとりで悩まずご相談ください

ファイナンシャルプランナー國松典子です。数あるホームページの中から見つけて下さってありがとうございます。1995年より20年にわたり日本FP協会上級資格CFP(R)・上級国家資格の1級ファイナンシャル・プランニング技能士として、多くのご相談に対応してまいりました。長年の相談実績より多くのお喜びの声をいただいております。また、メディア出演、マスコミ掲載いただく機会に恵まれて活動させていただいています。

最新情報&更新情報   

お客様の声(マネーカウンセリング体験談)  

これまでに相談を受けられたお客様からいただいた体験談・喜びの声です。
他にも多く頂いています。こちらからご覧いただくことができます→お客様の声


他にも多くの喜びの声をいただいています→お客様の声

ファイナンシャルプランナーとは・・・「お金のホームドクター」

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、顧客のライフプランに合わせて、金融・保険・住宅ローン・税金など、お金のことに関して幅広い知識を持ってお客様にアドバイスをする職業です。最近では、新聞・雑誌・TVなどメディアを通して、FPの存在は少しづつ世間一般で認知されるようになってきたように感じますがまだまだよくご存知ない方も多く、特にFP相談を利用率はまだまだ低いように思います。ファイナンシャルプランナー(FP)という職業自体はアメリカで発祥し、弁護士・医師と同様の位置づけで各家庭に必要なかかりつけ医としてFPは役割を果たしています。そのため「お金のホームドクター」と紹介されます。
ファイナンシャルプランナー(FP)によって、お客様の立場に立って中立公平なアドバイスを受けられるFP相談をまだまだご利用されたことのある方も少なく、できるだけ多くの方にFP相談を利用していただけるようFPの一人として普及に努めています。特に、当事務所ではご相談者様の気持ちに寄り添ったマネーカウンセリングを行っております。→FP有料相談をご利用されたお客様の喜びの声の数々はこちら

お客様に選ばれる3つのポイント

当事務所の代表FP國松 は上級FP歴20年目、FPの国家資格の他多数の資格実務経験を有しています。またその活動が認められ、テレビやラジオへの出演や、新聞・雑誌などの掲載、各社セミナー講師を務める等多岐にわたるフィールドで活躍させていただいております。


ホームページをご覧いただいてご相談された方がその後、ご友人、ご家族、お知り合いの方にご紹介をしてくださっていらっしゃるようです。ありがたいことです。
また子育て経験とワーキングマザーの経験や視点を参考にしてくださるご相談者様も多くいらっしゃいます。


ご相談者様が抱えていらっしゃるお悩みや相談内容をピンポイントで見るだけでなく、あらゆる視点で全体像から焦点をあてて全体的に幅広く視点でカウンセリングさせていただいております。また数値や具体的なイメージを抱けるような表現を工夫させていただいております。男性女性問わずご夫婦はもとより、経営者の方々のご相談も多く承っております。

このようなご相談にお応えします!




|
我が家の収入で住宅購入しても大丈夫?
自分はいくらの物件買える?いくらのローンなら大丈夫?
住宅購入に向けて資金計画たてたい
試算された住宅ローンきちんと返済していける?
いま不動産屋さんに出してもらっているより他に良い住宅ローンは?
今の金利が高いので住宅ローンを借換したい
フラット35の団信よりも民間生保の方が安いと聞きましたが…
生命保険 何も保険に入っていないので検討したい
保険料が高いので保険を見直ししたい
この提案内容で大丈夫?セカンドオピニオン受けたい
必要保障額を試算してほしい
(法人)決算対策したい経営者保険を検討したい
家計やりくり なかなかお金が貯まらない…
このままでは将来が不安、家計を見直したい
結婚を機に家計考えたい
将来のマネープランを考えたい
お勧めの学資保険は?教育資金を積立てたい
老後資金を積立てたい、どんな風にしたらいいの?

当事務所では企業・個人のファイナンシャルプランニング業務(ライフプラン・家計の見直し・生命保険見直し・住まい購入相談等のマネー相談)のご依頼をお受けしております。企業の資金繰り相談、企業内の社員様向けFP相談業務、企業のお客様向けFP相談業務、企業FP事業スキーム構築コンサルティングにも対応させていただいております。まずはお問い合わせください。メールでのお問合せについては、原則的に24時間以内に返信させて頂きます(SSL暗号化通信対応)。お気軽にご相談ください。

提携パートナー専門家

当事務所で、ご相談いただいた方には会計士・税理士・社会保険労務士・弁理士・司法書士・行政書士・中小企業診断士といった各ジャンルのプロフェッショナル士業の方を、お客様のご希望に応じてご紹介させていただくこともできます。団体:ハッピライフサポーターズ
専門家の詳細はこちら

お問合せ・ご予約はコチラへ!

icon 電話番号03-5860-4164 
icon お急ぎの場合: 070-5027-2384
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
メールでのお問い合わせ
 ホームページからのご予約


ページトップに戻る

家計の見直しうムリなく行う方法!

家計が上手く回らない、もしくはキツイという方が、家計の見直しをムリなく行なう方法はあるのでしょうか?
お金の流れには大きく分けて2つ
”収入””支出”がありますその支出も2つにわけることができます。毎月々ほぼ決まった金額が引き落とされていく”固定費”支出と、月によって金額が変わってくる”変動費”支出とがあります。

みなさん、家計を節約しようとする時に、まずは手をつけやすい”変動費”支出を抑えることから始めます。
変動費支出の節約というのは、続けることが難しくストレスを貯めやすい支出です。一方、毎月々ほぼ決まった金額が、つまり水光熱費や保険料・住宅ローンなど毎月ほぼ一定額が引き落とされていく
”固定費”支出は見直しをするのは、専門的な知識や労力を伴うためなかなか手をつけずらいのですが、この固定費支出項目の見直しが、家計の見直しにはもっとも効率を上げることができるのです。
特に保険や住宅ローンなどは、無自覚のまま銀行通帳などから引き落とされているため、これらの見直しをして金額節約することは、お小遣いを節約するよりもストレスを伴わずにできるムリなくできる節約といえます。
そこでくにまつのりこFP事務所では、保険の見直しと住宅ローンの見直しをおこうなうことによって家計全体のバランスを整えていくサポートをさせていただいております。
そして、次のステップとして、保険と住宅ローンの見直しによってできた余剰資金を住宅ローンの繰上返済のための資金、教育資金や老後の生活資金への積立へと循環させていくことを目的としています。
 この月々の効果は10年、20年という期間になると
数百万円もの差になります。
さあ、あなたの家計も今以上に何ができるか、ファイナンシャルプランナーとともに見つけていきましょう。

生命保険に関するお悩み

 あなたはこれまでに、生命保険について誰に相談されてきましたか?
相談相手を間が得てしまうと、あなたの必要としている内容とマッチしていない保険商品を選択している可能性が高くなります。事実、ほとんどの方が見直しを実践されますと、必要な保障適正な保険が合致していない場合は、無駄な保険料を支払ってきていることになります。その額は数百万円もの金額になります。必要な保障は、ライフスタイルや家族状況の変化によって変わります。また、保険商品もどんどん新しいものが発売されてきます。既存に加入した保険を最大限に活かした形で、適切な保障を得られたらどんなによいでしょうか。すでに加入されている保険や共済も含めてセカンドオピニオンとしてもご相談にのります。

家計の見直しうムリなく行う方法!

 いまは時代が違います!昔と同じ方法ではお金は貯まりません。
あなたの親が、自分の進学資金を学資保険で親が準備してくれたいたから、という理由で、同じように自分の子供にも学資保険で教育費の準備をしてしようと考えているあなた。 あなたの親が年金保険で老後の資金を積み立てたからという理由で、あなたも年金保険を考えているあなた。
気にはなっているけれど、ちっともお金がたまらない方。
昔は子育てを終えてから、老後資金の積み立てを始めても間に合いましたが、晩婚化の今は、教育資金と老後資金の積み立てを同時進行で進めていかないと、あなたのの老後の生活費は・・・・?!
金融機関破綻もありうる今の時代、できるだけ安全性の高い積立方法を考えたいものです。あなたにとって適切な金融商品は何でしょうか。例えば積立定期預金?投資信託?学資保険、個人年金保険、確定拠出年金など、何が適切かを考え、実行できる方法をのご相談にのります。

あなたに適した教育費・老後資金の積み立て方法とは

賢い住宅ローンの借り方・返し方

 住宅ローンは誰に相談して決められました?これから決めるのですか?
金融機関の勧めるローンとなんとなく、これでいいかなと思って契約されたあなた。FPとしてがお勧めするローンは全く種類が異なるかもしれません!その理由を丁寧に説明し、自己資金と借入額など無理のない資金計画から、金利・タイプ別のローン返済額試算、有利な住宅ローンの選択まで徹底的にアドバイスいたします。

住宅ローンはわずかな選択の差で、総支払総額が数百万円も変わる大きな支出の金融商品です。目先の金利にとらわれてしまって、今後を変えないままこの生活をつづけたら・・・まずは、専門FPにご相談を。